ふぐの宅配通販.com|てっさてっちり大好き!の最新記事!

無類のふぐ好きが推薦するお店から、ネット通販。

美味しいてっちり

(ふぐちり、ふぐ鍋)を食べるなら

最上級の「下関産とらふぐ」を、自宅で食べるなら・・・


オススメの取り寄せ専門店があります


↓こんなプリプリのてっちり(ふぐちり、ふぐ鍋)や・・・
tettiri001.jpg


↓ツヤツヤのてっさ(ふぐ刺し、ふぐの刺身)を届けてくれます。
tessa002.jpg
※このお店から届いたものを撮影しました。旨かった~!

私は無類のふぐ好きで、たくさんのふぐを食べてきましたが、

最上級のとらふぐを、
この値段で食べさせてくれるお店はなかなかありません。


このお店のオヤジさんの「旨いふぐを、できるだけ安く」という
情熱を存分に感じることができる、極上の味です。


値段が「下関産とらふぐ」にしては格安(しかも凄く美味しい!)ので、
毎年、争奪戦が繰り広げられるというワケです。


人気がありすぎて、
年末&年始の在庫が早くもピンチ!
予約はお早目に~♪


■>>⇒てっちり、てっさのネット注文なら。『京都の老舗、本田鮮魚店」へ。
(お勧めする理由は・・・ホントに美味しいからです。笑)

 


そうそう、もう一店
美味しいふぐを食べさせてくれるお店は・・・

創業80年 伝統のふぐ「和田珍味」



創業80年 伝統のふぐ「和田珍味」

ここもかな~り美味しいふぐを届けてくれます♪


11月~2月はふぐの旬ですので
一番美味しい時期ですので、存分に楽しみましょう!

こんにちは!「ふぐ王(フグキング)」のブログへようこそ!日本各地のふぐを食べ尽くした「ふぐ王」による、取寄せの体験を報告しています。日本の冬といえばふぐ!冬の味覚を代表する「ふぐ(フグ)」をじっくり味わいましょう。せっかく取寄せて食べるなら、美味しいてっちり(ふぐちり)、てっさ(ふぐ刺し)を食べたいですよね。新鮮なふぐ(特に下関産)を通販(宅配・取寄せ)で味わいましょう。


ふぐの宅配通販.com|てっさてっちり大好き!Pick Up!

「ふぐの旬って、いつなの?」

と、突然質問してみました。


・・・って、誰に?


京都のふぐ専門店「本田鮮魚店 ※」の若旦那にです!
(※無類のふぐマニアである僕が、いつも宅配をお願いするお店です)

若旦那:「実はね・・・」


僕:「はい・・・」


若旦那:「真冬の、1月~2月が一番ウマいんですよ」


僕:「おおっ。今じゃないですか。・・・でもなんで?」


若旦那:「海の水が冷たくて、身が締まるし・・・」


僕:「締まるし!?」


若旦那:「エサをいっぱい食べているから、大きいんですよ」


僕:「大きい!!」

普段でも、こんなプリプリ「本田鮮魚店」のふぐが↓
tettiri001.jpg


『大きくて、身が締まってる!』

お正月にも「本田鮮魚店」のふぐを食べたけど・・・、

もう一回だけ頼むか・・・。(笑)


大バナー

<おまけ>

若旦那:「この時期、
     ウチがふぐを卸している京都の料亭から・・・
     一番注文が入るんですよ。

     やっぱり味を知ってる人は、
     この時期を楽しみにしてるんです」


■京都料亭の味、本田鮮魚店のふぐ。

*****************************************
天然ふぐと養殖ふぐ

味は大きく変わるの?


下関のとらふぐにも「天然もの」と「養殖もの」があります。


天然ものと、養殖ものの値段の差は2倍~5倍。


天然のとらふぐは、2人前で3~5万円くらいするそうです。


なるほど・・・、やっぱ天然ものは高いんだ。

でも、2~3倍も美味しいのかな?


京都の料亭にもふぐをおろしている、
本田鮮魚店の若旦那に聞いてみました。


『やっぱ、天然のふぐは、味も2~5倍美味しいの?』


若旦那:

『それほど差はないですね。

 身の締り方とかは違いますが、味はそんなに変わりません。

 一般の人は、まず分からないくらいです。
 プロでも味だけで判別するのは難しいんです。

 天然は希少価値が高いので、値段にも反映されますが、
 今は養殖の技術も向上してきているので、養殖ふぐもおいしいですよ。

 やっぱ美味しいものはおなかいっぱい食べてもらいたいし、

 ウチはなるべく安く、
 それでいて最高に美味しいものを出しているんです』

・・おお。

味はそんなに変わんないんだ。

確かに、本田鮮魚店のとらふぐは、すごく美味しかった・・・。↓
tettiri003.jpg


こんなにおいしければ、全然いいや。

天然にコダワって、高いお金を出すよりも、
何回もこのてっちり(ふぐちり)を食べれるほうがいい。(笑)


何回も食べたいから・・・。

早めに注文しておくんです。

年末年始は、お得意さんからの注文が殺到して、
売り切れることもあるからね。


■>>⇒てっちり、てっさのネット注文なら。『京都の老舗、本田鮮魚店」へ。
(お勧めする理由は・・・食べたことある⇒美味しかったから!)

せっかく家族が集まる年末、年始には
ご馳走を囲んで笑顔になりたい!

そんなファミリーにオススメなのが、

「下関産の高級とらふぐが、安くて美味しい!」
と評判の【本田鮮魚店】のふぐちり鍋セット。

京都の料亭にも卸している、名門のふぐ専門店です。
(私も何度かお世話になっております)


幸せな年末年始を過ごすなら、
熱々のふぐちり鍋はベストアイテムですよね。


・・・しかし、通販グルメも口コミの時代なのか、
すでに【本田鮮魚店】さんには注文が殺到しているとのこと。


ヤバい(笑)。


私も油断していたので、慌てて申し込むことにしました。

自分で紹介してて食べられないなんて、イヤですから~。


ネットでグルメ商品を取寄せるときって、
知らないお店に頼むのはみんな不安なんですね。

だから、人気のあるお店に集中するんですよね~。

「善は急げ」ならぬ「美味いものは急げ」です(笑)。


京都の老舗鮮魚店【本田鮮魚店】のページはこちら。

美味しいてっちり(ふぐ鍋)を、

最高の食べ方で戴きたい!!


そんなあなたに、美味しく食べるコツをお教えしましょう。


美味しく食べるコツは・・・、
たくさんのふぐを、たくさんの野菜と一緒に食べること。

↓こんな感じ。

tettiri011.jpg

野菜のうまみと、ふぐのダシが絡まって・・・。
(あ、ヨダレが。笑)

そりゃ、もうバカウマです。


そして、キーポイントになるのが「ポン酢」。

市販の化学調味料が入っているヤツではなく、
手作り系のポン酢を使うと、てっちりの味が格段に増します。
(←左にいくつか紹介しています)


さらに、新鮮なタマゴを用意しておくんです。


なぜって?

『ふぐ雑炊』にするからですよう!


ふぐと、野菜のダシがタップリ出たスープに、
「ヨード卵光」を落として(別にヨード卵じゃなくていいですが)、
炊きたてのゴハンを投入して雑炊にする!


これで、その晩の食卓は至福の空間になります。
(今晩、食べよ・・・。ガマンできん)

もちろん、肝心のふぐが良くないとダメですけどね。


京都の老舗、本田鮮魚店が宅配してくれた「てっちり」には、
白身だけでなく、アラの部分も入ってました。(当然です)

tettiri001.jpg


これが重要なんですねー。

「ダシ」は骨に近いところから、良いのが出ます。

だから、アラも一緒になってるほうが断然良いんですねー。


・・・さて、

「美味しいてっちり(ふぐちり)の食べ方」をまとめると、

1.白菜中心に野菜を用意する。
2.新鮮なタマゴを買っておく。
3.できればポン酢も調達しておく。
4.ゴハンを炊いておく。

そして、

『5.最高のふぐを、たっぷり取寄せておく!』


京都の料亭にも出されている、最高(の割りに安い)ふぐは
とても人気が高いので、早めに頼んでおきましょう。

特に年末年始は、お得意さんからの注文が殺到するらしいので。
(関西は食い倒れですからねー)


■>>⇒てっちり、てっさのネット注文なら。『京都の老舗、本田鮮魚店」へ。
(お勧めする理由は・・・食べたことある⇒美味しかったから!)


プロフィール
こんにちは!
「ふぐの宅配・通販.com」の管理人、通称「ふぐ王(フグキング)」の"ふぐケン"です。
毎年、冬になると週一回はふぐを食べる「ふぐ大好き」男です。
このサイトでは、とっておきのふぐの取寄せ情報や、美味しく食べる方法を 紹介していますよー!
美味しいてっちりの作り方
1.こんぶダシの鍋を用意
なんといっても、良い水を使うのが一番。 (水道水なんてダメー!)
ミネラルウォーター(軟水)を沸騰させ、 こんぶでダシをとります。

2."アラ"から投入!
fugu04_178.jpg
フグの"アラ"を一番先に投入します。 骨のある部分や、顔の部分はコラーゲンたっぷりですから、 良いダシが出ます。

3.野菜を投入!
fugu06_178.jpg
白菜やネギなど、お好きな野菜を投入します。 ここは豪快に放り込みましょう~! 冬のお鍋に使う野菜なら、なんでもオーケー!

4.食べる!(1回目)
fugu07_178.jpg 火にかけすぎると、身が固くなるので、 火が通ったなーと思ったら戴きましょう! お野菜も一緒に食べると、優しい味を堪能できます。

5.フグの"身"を投入!
fugu02_178.jpg
さっぱりしている"身"を、 ダシがたくさん出たお鍋に投入! 味が染みて美味しくなります。

6.雑炊にする!
てっちりの締めは、なんといっても雑炊! 炊きたてのご飯を入れて、弱火にかけます。 沸騰してきたら、溶き卵(2個くらい)を入れます。
fugu08_178.jpg この時点でダシは十分出ているはずですが、味は少し薄めなので 塩・しょうゆ・ポン酢を少しずつ投入します。

せっかくのフグの味を大切にしたいので、 あまり入れすぎないようにしたほうがいいです。

食べるとき「味が薄いなー」と思ったら、 そのときに調節すれば大丈夫♪

★.美味しいフグを入手する!
てっちりを食べて、至福の時を過ごしたいなら・・・、 とにかく"素材"にコダワルのが一番ですよね!

僕はいつも、京都の料亭でも出されている、 【下関産のフグ】をお得な価格で取寄せています。

美味しい時期に売り切れるとイヤなので、あまり教えたくないのですが・・・(笑) 僕のサイトに来てくださった方とは、"至福のてっちり"を共有したいと思います。(笑 )

冬のあいだ、何度も食べられる値段ですし、味は絶品なんです。

フグを食べるなら、
⇒京都料亭の味「本田鮮魚店」。

オヤジさんの目利きで、極上のフグを届けてくれますよ~。 バナー中2

というわけで・・・
今日も、いただきまーす!!
fugu01_178.jpg

ふぐ取寄せランキング
第1位:
フグを食べるなら、
⇒【京都料亭の味】本田鮮魚店
バナー中2

オヤジさんの目利きが素晴らしい!コストパフォーマンス最高です。

第2位:
【ふぐのことなら関門倶楽部】

「美味しくなければお代はいただきません」がモットーの関門倶楽部。ここも美味しいとらふぐを届けてくれますです。

第3位:
【とらふく刺身・ちりセット】

とにかくトラフグをお腹いっぱい食べたい方に。

※このランキングは、私「ふぐ王」の独断ですのであしからず~。
てっちり用のポン酢なら
激ウマのポン酢 ~その壱~

老舗そば屋のポン酢。

激ウマのポン酢 ~その弐~

京都の手搾りポン酢。
てっちりには泡盛が合う!
「てっちりには、泡盛が合う」
by ふぐ専門店の若旦那。

2005年のグランプリをとった泡盛、「瑞泉古酒」


2006春季全国酒類コンクール泡盛部門金賞受賞。「松藤限定古酒」